プロフィール
名前:けんじ
職業:高校の英語教員
メールアドレス:sureyoucan★mail.goo.ne.jp (★を@に変えてください)
2週間後に字幕なしで洋画を見てください。
驚くほど聞き取れている英語耳が手に入ります。
驚異のリスニングパワーはこちらから(^^)

2015年09月15日

「悲喜こもごも」の英語表現

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら



英語でどういえばいいでしょうかね。
「悲喜こもごも」とは、悲しみと喜びが代わる代わるやってくる
混ざり合っているという意味ですね。

日本語では「悲喜」ですが、英語では順番が逆です。
joys and sorrows になります。

では定番の表現「人生は悲喜こもごもだ」は英語でどう言いましょうか。
Life is joys and sorrows ・・・今一つですね。
ここは「に満ちている」と考えて、

Life is full of joys and sorrows.

でいかがでしょう。

また、ある出来事があったときにうれしさと悲しさを同時に感じるときにも
この表現を使うことがありますね。
こういう場合なら、

He had a mixed feeling of joys and sorrows.

にすると感じが出ると思います。

ちなみに「こもごも」を漢字で書けますか?
実はこれ「交交」です。「交互にやってくる」なのですね。

意味は前述のとおりふたつあり、「交互にやってくる」と
「同時にやってくる」です。

ただし用法を間違えやすいので気を付けましょう。
よく合格発表のニュースで「合格者、不合格者の姿があり、
まさに悲喜こもごもでした」と言うことがありますが、
これは誤用です。

「悲喜こもごも」は一人の人間が悲しみと喜びを感じることなので
使い方に気を付けたいですね。

人生は本当に悲喜こもごも。半世紀生きたらつくづくそう感じます(^^;)

それではまた。

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら


posted by けんじ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426139980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。