プロフィール
名前:けんじ
職業:高校の英語教員
メールアドレス:sureyoucan★mail.goo.ne.jp (★を@に変えてください)
2週間後に字幕なしで洋画を見てください。
驚くほど聞き取れている英語耳が手に入ります。
驚異のリスニングパワーはこちらから(^^)

2015年09月20日

「ほおばる」って英語でどう言いますか

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら

ほおばる」って英語でどう言いますか。

普通に食べるなら eat ですが、実は英語にはたくさんの「食べる」があります。
まずは「ほおばる」です。

これは cram をつかいます。元は「詰め込む」で、
cram all one's clothes into the bag 「服をすべてバッグに詰め込む」のように使います。

勉強を詰め込むのにもつかわれ、cram school 「塾」はご存知でしょう。

「ほおばる」なら、fill を使ってもよいですね。
fill / cram one's mouth と言えばよいでしょう。

「もう、口にほおばったままでものを言ってはだめでしょ」
とお母さんが子どもに言うのは
Don't speak with your mouth full. ですね(超有名)。

では「食べる」関連です

「俺の彼女は小食でね」と言ってみましょう。

My girlfriend eats like a bird. です。
小鳥のように小食なのですね(かわいい)。

「あたしの彼氏は大食いなのよ」でしたらどう言いましょう。

My boyfriend eats like a horse. なのですね。
なるほど。「馬のように食べる」です。

ではこれはいかがでしょう。

Hiroshi eats like a pig!

「豚のように食べる」ってどんな食べ方だと思いますか。

これ、「クチャクチャ音を立てて食べる」です。
つまり「ヒロシはクチャラーだ」ですね。
(豚さんにとっては失礼な表現ですが)

日本では粋で外国では無作法なのが「すする」です。
これは英語では slurp と言います。

ちょっとすする音をイメージできませんか。

日本語の「すする」もすする音と似ていますよね。
英語も同じです。slurp という音なのですね。

音でイメージできる単語は音を意識して覚えましょう。
一発で覚えることができますよ(^^)

それではまた(^^)

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら



posted by けんじ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。