プロフィール
名前:けんじ
職業:高校の英語教員
メールアドレス:sureyoucan★mail.goo.ne.jp (★を@に変えてください)
2週間後に字幕なしで洋画を見てください。
驚くほど聞き取れている英語耳が手に入ります。
驚異のリスニングパワーはこちらから(^^)

2015年09月21日

「腹ぺこ」は英語でどう言いますか

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら

「腹ぺこ」は英語でどう言いますか。

前回の続きでもあります。

腹ペコ」はもちろん I am very hungry. でもいいのですが、
それだけでは面白くありません。

どういうとウケるかも考えてみましょう

I could eat a horse. という表現があります。

これは「馬を食べることができた」ではありません。
(結構英語ができる人もうっかりそう意味をとってしまうのですが)

この could は仮定法です。過去形ですが現在のことです。
「(実際に食べるわけじゃないけど)馬一頭を食べられるくらい(お腹が空いている)」
なのですね。だから仮定法です。

そのほか I'm starving は日常会話表現ですね。

では逆に「お腹いっぱい」も覚えましょう。
これ、客の立場の時に使わないといけませんよね。

「もっといかが」とすすめられて、丁寧に断らないといけないときは
I'm full. が簡単でよいでしょう。

I've had enough. も定番です。
こちらは食べ物以外でも「もう十分満足しました」になり、
場合によっては「もうたくさんだよ」にもなるので気を付けましょう。

have a full belly という表現もあります。
belly は「お腹」の意味ですが、
学生時代に若い女性のネイティブ先生に使ったら、
bellyは使わない方がいいわよ」と言われました。

ちょっと下品なニュアンスがあるのかなとそのとき思いました。
使い方に注意する必要がありそうです。

英会話は実際の場面で使うのが一番です。
このブログを読んでいるうちにお腹が空いてきませんでしたか?

ではさっそく使ってみましょう(^^)

それではまた

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら
posted by けんじ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。