プロフィール
名前:けんじ
職業:高校の英語教員
メールアドレス:sureyoucan★mail.goo.ne.jp (★を@に変えてください)
2週間後に字幕なしで洋画を見てください。
驚くほど聞き取れている英語耳が手に入ります。
驚異のリスニングパワーはこちらから(^^)

2015年09月24日

「食い物にする」は英語でどう言いましょうか

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら

食い物にする」は英語でどう言いましょうか。

こういう表現って難しいですね。

だまされると考えれば deceive も使えそうですが、
prey on がぴったりです。

He preyed on older women.「彼は老婦人たちを食い物にした」
ですね。

prey は元は動物が餌の小動物を捕まえて食べることです。
日本語でも英語でもこれが比喩的に使われるのですね。

take advantage of 「を利用する」を使うのもよいですね。
単に利用されるだけでなく、搾取される感じもあります。

She was taken advantage of by a con artist.
「彼女は詐欺師に食い物にされた」

と言うことができます。

では「だます」表現をもう少しやりましょうか。

先ほど紹介した deceive はよく知られていますが、
うしろを 目的語+into ...ing にすると「(人)をだまして・・・させる」
になります。

cheat も「だます」です。カンニングをするという意味でも使われます。

もっぱらお金をだまし取るという意味で使われるのは
swindle です。

He swindled money out of Mary.のように使います。

今日やった表現のうち、お金が絡まない「だます」で使えるのは
deceive ですね


He deceived me when he said he loved me.
「彼は私を愛しているといってだました」

お金が絡んでなければ deceived がいいです。

ここに cheated や swindled を使うと
お金をだまし取ったのだという意味になります。

どちらにせよ女性をだましてはダメですけどね(--)

それではまた(^^)

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら



posted by けんじ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426649806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。