プロフィール
名前:けんじ
職業:高校の英語教員
メールアドレス:sureyoucan★mail.goo.ne.jp (★を@に変えてください)
2週間後に字幕なしで洋画を見てください。
驚くほど聞き取れている英語耳が手に入ります。
驚異のリスニングパワーはこちらから(^^)

2015年09月29日

「足が棒になる」は英語でどう言いますか?

私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら

「足が棒になる」は英語でどう言いますか?

こういう表現を英語にするのは難しいですね。

Long walk made my legs poles.

うーん。いくらなんでも無理かな(^^)

これは I walked my legs off. と言います。

My feet are killing me.というのもありまして、
「足が痛くて死にそう」なのですね。

最初知った時には「足が俺を殺している」?と
びっくりしたものですが、結構普通に使います。

ちなみにこの表現、足をほかの場所に変えて使えます。

My head is killing me.
「頭が死にそうなほど痛い」です。

私はほぼ毎晩ウォーキングをしています。
距離はその日の気分です(無理はしません。気持ちよく)。

疲れたら帰ります。足が棒になるまで歩きます。
はい、英語で言いましょう(^^)

I walk every night till my legs get stiff.

でいいですね。stiff は「(材質が)硬い)」の意味ですが、
「(筋肉が)凝った」という意味もあります。

stiff shoulder「肩こり」はよく知られた表現です。

ここからは余談です。

「肩こりは日本人だけの現象だ」と言う人がいます。
Wikiにもそう書いてあります。

つまり肉体的な現象ではなく、精神的なものだと。

催眠療法で肩こりが治るという人もいますし、
英語の stiff shoulder は日本語の肩こりとは
異なる現象だとも言います。

肩こりのない私はうっかり、かみさんに
「肩こりってメンタルだって。気のせいだよ」
と言ってとても不機嫌な顔をされました。

お気を付けください(--)

それではまた(^^)


私がいちばんおすすめする英会話教材はこちら



posted by けんじ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426952507
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。